店内
白斑相談室長の挨拶

人間の身体は栄養に依存している
~医薬品が身体を治しているのではありません~

人間の身体は細胞によって構成されています。その全ての細胞の活動は栄養に依存しているのです。

我々の細胞は(一部を除き)、常に取り壊されて、また再び造られる【新陳代謝】を繰り返しています。栄養が不足すれば、【新陳代謝】がうまくいかず、弱い細胞や不完全な細胞ができ、病気の原因になってしまうのです。
加齢(老化)が原因で、【新陳代謝】がうまくいかないこともありますが、栄養をしっかり摂ることで老化を遅らせることはできます。

病気でお悩みの方が、栄養不足だとどうなるのでしょう。
病気の原因となっている細胞は栄養が足りないために、正常に生まれ変われません。

大切な栄養をとるためには、毎日のお食事は重要なのです。

日本は、食生活が豊かになり飽食の時代などと呼ばれ、一見すれば十二分に栄養が摂取されていると思われがちです。確かに、糖質(炭水化物)、多くの食品に含まれる砂糖の摂りすぎでカロリーは多すぎるほどです。
しかし、実際の現状はというと・・・

1. 穀類をはじめ、砂糖・塩などは精製され、ビタミン・ミネラルを消失している。
2. 精製された米、小麦粉、砂糖やスナック菓子の原料となるじゃがいも・とうもろこしは血糖値を急上昇させる(血糖値の乱高下)。
3. 食物の生育環境の変化による、野菜等のビタミン・ミネラルの含有量の低下。
4. インスタント食品・冷凍食品・ファーストフード(ジャンクフ-ド)の氾濫による栄養の偏り、ビタミン・ミネラル不足。

現代の炭水化物中心で砂糖の摂り過ぎの食事では、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが不足してしまい、正常な【新陳代謝】を行うことが困難になります。

現在の日本の食生活では、不足しがちな
たんぱく質・ビタミンB群・ミネラルの重要性

肉・魚介類・卵・大豆製品、乳製品をしっかり取ろう!

私どもは、現在、TV・マスコミの影響もありますが、たんぱく質・ビタミン・ミネラルといった栄養素が、軽視されているのではないかと感じることがよくあります。(ビタミンA・C・Dは、よく耳にしますが・・・。)

たんぱく質は体内で消化吸収されて、アミノ酸に分解されますが、このアミノ酸は身体を構成・機能させるための大切な栄養素なのです。人間の身体を構成する約60兆の細胞を構成する原料となり(ということは、毛髪、肌、爪や筋肉、内臓や赤血球・免疫細胞といったものまで・・・)、人間が活動するために欠かせない神経伝達物質の原料になったりと大活躍するのです。

このアミノ酸が、身体に必要な成分になるために体内で化学合成が行われます。その時に必ず必要なのが、酵素・補酵素(ビタミンB群)・補因子(ミネラル)なのです。
脳内の神経伝達物質である、セレトニンやGABA(ギャバ)、ドーパミンといった成分は、脳内でアミノ酸を原料に合成されますが、この時に補酵素であるビタミンB6・ナイアシン・葉酸(ビタミンB群)、鉄(ミネラル)が不足すればうまく合成されません。

栄養素は単独プレーではなく、チームとして働くのです。

アミノ酸だけを摂取しても、ビタミン・ミネラルが不足すれば体内での化学合成がうまくいきません。栄養素は、単独で働くものではありません。お互いに協力してチームとして働くのです。「〇〇はカラダにイイ!」といったある成分を単独で摂っても残念ですが意味はないのです。逆に、ある成分を過剰に摂れば、他の栄養素が不足する可能性もあり本末転倒です。

「紫イペ」の魅力は、体内で行われるあらゆる化学合成を助けて、正常な身体へ導く、人間が持っている本来の働きをサポートしてくれることです。
「紫イペ」を飲用する事により穏やかにお悩みの症状を癒し、病状の進行を防ぎ、また、再発を防止することに繋がるのです。
そして、医薬品のような副作用もなく、医薬品との併用も問題ありません。

自分の体は、自分で守る。

私どもでは、皆様の、現在足りていない(必要な)栄養素のご相談等も多く頂くようになり、皆様ご自身の、ご健康に対するご意識が高まっておられることをひしひしと肌身に感じております。(励みにしております。

またのご質問、ご相談等お待ちしておりますので、ご遠慮なくどうぞ。
お体を大切に、なさって下さい。

問合せ